東京周辺で船遊びをしたいあなた!欲求を満たす8つの方法

投稿者: | 2018年8月23日
ぱっと読むまとめ
ブログ構築お任せください!
・この記事のようなブログを作成したい
・TechPRESSのようなブログを作成したい
・無料ブログではなく自分のドメインでブログを構築したい
・ブログだけでなく、特殊な機能を設置したい
・Wordpressで構築したいけど時間がない
・サーバーの運用もお任せしたい

そんなあなたにTechPRESSのブログ構築サービスは如何ですか?
簡単なブログ設置であれば最短1日で独自ドメイン+SSL+ブログをご用意します。

料金はミニマム設定で25,000円から(ドメイン代は実費を頂きます)

info@techpress.jpまでお気軽にお問い合わせください

ぱっと読むまとめ

東京周辺で急に船に乗りたいなぁと思ったら

あるとき本当に突然「船に乗りたい!」って思う事ありませんか?

私は先祖がバスコ・ダ・ガマなのかマルコ・ポーロなのか、突然「船乗りたい病」が発症する事があるんです。

そんなあなたも、そうでないあなたも。

今回は東京周辺で出来る船あそびや東京発の船旅情報です。デートプランにも。

手漕ぎボートを楽しむ

一番手頃で身近な船です。

有名どころでは上野恩賜公園や石神井公園、井の頭公園や昭和記念公園、千鳥ヶ淵緑道や碑文谷公園などでしょうか。1時間500円〜1,000円ほどで楽しむ事ができます。

日差しの暖かいころ、桜の季節などに風の吹くまま赴くまま、ボートに寝転んでうだうだ過ごすのもまた一興。程よい揺れがあなたを癒してくれること間違いなし。

「そんな小さな池では満足できん!」という漢には。

箱根は芦ノ湖の手漕ぎボートはいかがでしょうか?おすすめは半日3,000円もしくは1日3,500円のコース。一周すると21kmほどありますから、漕ぎがいあること間違いなし。途中、海賊船や遊覧船が容赦無く襲って来ますが、頑張って避けてください。マス釣りやワカサギ釣りも楽しむことができます。

もしくは葉山あたりから手漕ぎボートで海にでるプランもあります。こちらはシロギスあたりが釣れるでしょう。

一口に手漕ぎボートと言っても、場所によっては結構楽しめますよ。

隅田川で運行されている定期便に

公式ページより

公式ページより

こちらは浅草・浜離宮・お台場・日の出桟橋を結ぶ有名なクルーズ船。

1時間に2,3本の間隔で運行されており、少人数であれば予約も不要。バスを利用する感覚で船に乗れます。浅草からお台場までは50〜80分で料金は1,250円~1,560円(船によって変わります)。

この料金で1時間くらい船の旅を気軽に楽しめると思えば、なんとも安いものです。浅草を観光して、船にのってお台場に移動し遊ぶ。そんなデートプランにも。

屋形船を楽しむ

屋形船組合フォトギャラリーより

屋形船組合フォトギャラリーより

こちらはなかなか渋いチョイス。東京で有名な屋形船です。

基本的には船に乗りながらお料理を楽しみます。

乗合船の場合は1人8,000円くらいから。10〜15名ほど集めることができれば貸切も可能です。船内では天ぷらやもんじゃ焼きなど、コースに応じてお食事とお酒を楽しむことができます。所要時間は2時間〜3時間ほど。

乗り場は東京都内に各所あり、晴海、越中島、吾妻橋、桜橋、日本橋などから乗船可能。予め予約は必須です。

船内は冷暖房やトイレも完備されており、また一般的には波による揺れも少ないので、初めてのかたも安心して乗船出来るとおもいます。

東京湾で船釣りを楽しむ

意外にも東京には船宿がたくさんあるんです。

船宿まで行けば沖合の釣りスポットまで連れて行ってくれます。操舵室のおじさまは魚群探知機を見ながらスポットを決めますので、言う通りに釣り糸を垂らせば爆釣間違いなし(魚の種類によっては全然釣れないこともありますが・・・)

また、街中の釣り堀と違って釣った魚の数で料金が取られるなんてこともなし!釣りたいだけ釣って、持ち帰って食べましょう!釣りたての魚は本当に美味しいんだから。

東京で船釣りをした事がない方はアジ釣りなんて如何でしょうか。

下記はライトタックル(非常に軽くて扱いやすい竿)でアジを釣る船です。たぶん鯖も釣れます。

他にもタチウオやシロギス、アナゴ、カサゴなども。狙う獲物によって出航時刻や価格が違うのでご注意を。6,500円〜10,000円くらい。4〜5時間は船の上で楽しめます。さらに帰ってからも刺身でイッパイ楽しめます。

浜松町から伊豆諸島へ

wikipediaより

wikipediaより

こちらは東海汽船が運行しております。

出発地は東京竹芝(浜松町駅)もしくは横浜大さん橋。行き先は伊豆諸島にある数々の島々!

東海汽船運行図

東海汽船運行図

各島まではジェット船で2時間〜3時間。

大型客船だと6時間から10時間。料金は2等で5,000円から10,000円ほど。

一番遠い東京〜八丈島でも22:30に東京を出て次の日8:50には到着します。これなら案外カジュアルに遊びにいけますね。

「今夜八丈島行っちゃう?」的な感じで。

浜松町から小笠原諸島へ

おがさわら丸wikipediaより

おがさわら丸wikipediaより

八丈島と小笠原諸島。

なんとなく南の方にある島、というのは分かりますが、どれだけ離れているか知っていますか?

八丈島は東京から287km。一方小笠原諸島は東京から1,000kmのところにあります。

自然保護を目的とし飛行場もない小笠原諸島(現在計画はあるようですが)。ヘリコプターでも遠すぎて到着不可能。となると船でしか行けません。その所要時間たるや24時間!そして船は1週間に1往復しか運行していません。

こちらは小笠原海運の時刻表。

船は竹芝桟橋から出ています。料金は大人片道で26,990円。なかなかの金額。

時間とお金がある人だけが許される旅のようです。

定期便のフェリーで苫小牧や九州へ

三井商船フェリー公式ページより

三井商船フェリー公式ページより

まず北海道。

首都圏から北海道にフェリーで行くためには、まず茨城県大洗まで行く必要があります。そこから苫小牧行きのフェリーが出ています。

東京駅〜大洗間はリムジンバスが出ていますので、そちらの利用が便利でしょう。大洗からはサンフラワーに乗って北海道まで行きます。

夕方便は大洗港19:45発で苫小牧港 翌日13:30着。所要時間は17時間45分です。その他深夜便もあります。料金は一番安い季節で8,740円から。サンフラワー号は2017年にリニューアルされた新造船。綺麗な船で北海道までゆったり旅を満喫できますよ。また、車やバイクを持っている方は一緒に輸送できるのもフェリーのいいところですね。

 

一方、東京から九州地方に行くこともできます。

こちらはオーシャン東九フェリーという船が有明から出ています。新門司港までの運行です。

19:30に東京を出発し、次の日13:30頃に徳島へ停泊。14:30頃に再度出航し、次の日5:40に北九州新門司港に到着。なんと東京を出てから2日後に到着。料金は一番安い2等で片道17,400円。東京〜博多間の新幹線料金が21,000円ほど。また飛行機やバスなら10,000円台で十分行けるので、17,400円という金額は決して安くありませんね。

本当にこの船旅を愛する人が、乗船するのだと思います。

外国船で日本各地や済州や台湾へ行ってしまう

ダイヤモンドプリンセス wikipediaより

ダイヤモンドプリンセス wikipediaより

あまり知られていませんが、不定期運行の外国船籍豪華客船も有明や横浜から多く出航しています。

外国籍の豪華客船と聞くと、ものすごく高額だと思いますよね。とても手が出ない、自分には縁のないものだと。

しかし、そんな事ないんです。むしろ安いです!こちらのベストワンクルーズというサイトの「日本発着外国船」というジャンルで調べますと、いくつか出てきます。

例えばダイヤモンドプリンセス号の旅。

こちらは横浜発・横浜着のプランで9日間の旅。お値段は最安値で77,000円!そしてどこに行けるのかと言うと。

名古屋・大阪・那覇・台北で遊んで帰ってこれるというプランです。しかも船内のアクティビティも料金に込み込み

 

一方、こちらはイタリア船籍のコスタネオロマンチカ号。晴海埠頭発着のプラン。

東京・神戸・釜山・佐世保を堪能する事ができます。しかもお値段69,800円から!イタリア籍の船なのでピザやパスタなどのイタリア料理に定評があるそう。

この辺りのプラン、ワクワクすると思いませんか?船内では映画や星の観察、ブッフェ、オーシャンビューのお風呂などが楽しめてこのお値段です。

もちろん一番安いプランは海が見えない部屋だったり、また外国船籍の船はチップ代がかかったりします。アップグレードしてもそこまで高くないので、検討してみては如何でしょうか?

ブログ構築お任せください!
・この記事のようなブログを作成したい
・TechPRESSのようなブログを作成したい
・無料ブログではなく自分のドメインでブログを構築したい
・ブログだけでなく、特殊な機能を設置したい
・Wordpressで構築したいけど時間がない
・サーバーの運用もお任せしたい

そんなあなたにTechPRESSのブログ構築サービスは如何ですか?
簡単なブログ設置であれば最短1日で独自ドメイン+SSL+ブログをご用意します。

料金はミニマム設定で25,000円から(ドメイン代は実費を頂きます)

info@techpress.jpまでお気軽にお問い合わせください
ぱっと読むまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA