15のクレイジーなブロックチェーン利用法

投稿者: | 2018年4月19日
ぱっと読むまとめ
ブログ構築お任せください!
・この記事のようなブログを作成したい
・TechPRESSのようなブログを作成したい
・無料ブログではなく自分のドメインでブログを構築したい
・ブログだけでなく、特殊な機能を設置したい
・Wordpressで構築したいけど時間がない
・サーバーの運用もお任せしたい

そんなあなたにTechPRESSのブログ構築サービスは如何ですか?
簡単なブログ設置であれば最短1日で独自ドメイン+SSL+ブログをご用意します。

料金はミニマム設定で25,000円から(ドメイン代は実費を頂きます)

info@techpress.jpまでお気軽にお問い合わせください

ぱっと読むまとめ

非常に興味深い記事をentrepreneur.comで見つけましたので簡単に翻訳しました。オリジナルはhttps://www.entrepreneur.com/slideshow/308004を参照ください。

15のクレイジーなブロックチェーン利用法

性的同意を記録する

2018年1月、デジタル契約を専門とするアムステルダムのスタートアップLegalThingsは、LegalFlingというベータ版をリリースしました。このアプリはブロックチェーン技術を使用して性的同意を確認しています。
このアプリは、ユーザーが性行為に同意したかどうかを記録するだけではありません。写真やビデオを共有すること、コンドームを使用すること、要件が満たされているかどうか、またそれで問題ないかどうかを指定できます。その後、セックスパートナーにメッセージリクエストを送信します。セックスパートナーは条件を承認するか拒否するかを決定します。その受け入れはブロックチェーンに記録されるので、どちらの当事者もその時間後にそのレコードを改ざんすることはできません。

最初からすごいのきましたね。では次。

投票の詐欺に対抗する

複数投票や誤った集計は選挙全体の妥当性を覆し、訴訟や再集計に繋がります。カリフォルニア州パロアルトにある非営利団体「デモクラシー・アース」は、選挙の腐敗と詐欺行為を排除する目的でソブリンというアプリを開発しました。

オイルや大豆などの商品取引

ブロックチェーンは、商取引や貿易金融において紙を利用した面倒なプロセスを合理化する可能性を秘めています。

2017年12月、グローバルトレーディングハウスLouis Dreyfus Co.は、オランダとフランスの銀行の助けを借りて、ブロックチェーンを通じて世界で初めて農産物貿易を行いました。大豆の貨物を山東省渤海工業(Shandong Bohi Industry Co.)に売却したのです。両当事者はデジタル契約、信用状および政府の検査記録を交換して取引を完了しました。

太陽光エネルギーをシェアする

ブルックリンでは、ソーラーパネルを持つ人々は、ブロックチェーンを通じて環境に配慮した隣人にその電力の一部を販売することができます。発電している再生可能な電力を収益化することができるのです。

スタートアップLO3 Energyは、Siemensと提携して、この機能をBrooklyn Microgridというアプリケーションでテストしています。 ソーラーパネルを持っている消費者は、ソーラーパワーにアクセスできない他の住民に、環境のクレジットを販売することができます。 消費者は取引を制御し、電力取引が登録されるようにメーターが直接接続されます。

バーチャルの猫を買う

2017年後半にCryptoKittiesというゲームがデビューしました。驚くことに仮想猫の取引は130万ドル以上の取引がわずか1ヶ月で発生しました。 AxiomZenと呼ばれるスタジオがEthereum暗号化ブロックチェーンによって強化されたこの現象を作り出し、TechCrunchは2017年12月3日にCyrptoKittyの価格がおよそ12ドルから113,000ドルに相当すると報告しました。

アホくさいけど凄い売り上げね。それでは次。

感謝祭の七面鳥をトラッキングする

食べ物の流通元について懸念している人々に対して、国際的な食品企業であるCargillが感謝祭の七面鳥に対する解決策を提示しました。
一部の農場から流通した七面鳥にはトラッキングコードが印刷された包装があり、購入者はオンラインでコードを入力して、自分の鳥について知ることができます。
オンラインプロフィールは、写真、七面鳥が飼育された牧場に関する情報、そして農民からのメッセージも含まれていました。 それはささやかなアイデアですが、しかしいくつかの有用性を持っています。それはまた、正確なリコールの必要性のような食品安全事故の場合に追跡するのを助けました。

七面鳥が元気に走り回っている姿をみたら食べられなくなるじゃん。

各人の時間を特別な通貨に変換する

スタートアップの創始者であるエバン・プロードロウ(Evan Prodromou)は、彼の頭脳を使うことができるか?と尋ねた人々へ解決策を考案した。彼はEthereumブロックチェーンプラットフォームでEvancoinと呼ばれる暗号通貨を作成した。
Fuzzy.aiの共同設立者は、2017年10月1日にEvancoinのための初期コイン・オファリング(ICO)の先頭に立ち、20時間15ドルで販売しました。しかしプロードロウはプロの時間だけを売り出しており、彼のすべての時間を商品化していませんでした。彼の家族のために幸いでした。彼が夕食のテーブルに参加するために彼にEvancoinを支払う必要はありません。

なんじゃそのオチは(笑)次行こう、次。

歯科治療を記録する

歯科医や歯科記録のためのDentacoinは一例です。ERC20という世界的に普遍的なイーサリアムベースのトークンで作成されています。歯科医間であろうと、提供者とその患者との間であろうと、ネットワークは意図された関係者間でのみ情報が交換されるように設計されています。
また、コンプライアンスツールとしても使用でき、歯科用具や材料が適切な供給元に供給され、正しい患者に使用されていることを確認できます。さらに患者はDentacoinを使用して歯科治療費を支払うことができます。

ゲームを作ったり楽しんだりする

さまざまな企業が新しい種類のデジタルおよびアナログゲームを作成するためにブロックチェーンを使用しています。
Tapinatorと呼ばれる開発者は先月BitPaintingと呼ばれるゲームを発表しました。ユーザーはTapinatorが “crypto-collectibles”と呼ぶデジタルアートを作成し共有することができます。現在、ベータ版で4月にリリース予定です。
Chimaeraと呼ばれるゲームプラットフォームは、最近、プリセールスで150万ドル以上のビットコインを調達しました。開発者がゲームの世界を管理し、仮想資産を安全に共有し、取引するのを支援するためにブロックチェーンが組み込まれています。さらにゲーム開発者はゲーム内で独自の通貨を作成し、Chimaeraゲームエコシステム内の他の暗号化通貨と交換して、さまざまな機能をロック解除することができます。

プロジェクトの管理と労働者への報酬

ブロックチェーンが物理的な製品や仮想通貨の動きを正確に追跡することができれば、効率を高めるために人とその作業を追跡することもできます。
最高経営責任者(CEO)であるEdgar Medinaは「従業員がタスクを完了するためにどれくらいの時間を費やしているかに関するデータは、ブロックチェインを使用して不変のレコードの一部となり、文書共有などのデータはより安全になります。」と言います。
すべての割り当ては、取引先のブロックチェーンベースのプラットフォームに記録することができ、譲受人のあいまいさを軽減し、マネージャーと作業者の間でレコードを作成することができます。タスクの完了、または従業員が時間通りに、仕様に従って提供したレコードについても同じことが言えます。
企業は、このタイプのプラットフォームを通じて自動支払いを設定することもできます。企業はまた、社内通貨システムを使用して、従業員が予想より早くタスクを完了できるように報酬を与えることもできます。

一時雇いの労働者の採用と入社

レストラン業界の従業員採用を専門とするプラットフォームShiftPixyは7月7日、ブロックチェーン元帳を使用して、労働者の採用と入社時に生成されたデータを追跡すると発表しました。
このプラットフォームにはセキュリティとコンプライアンスを強化するためのブロックチェーンが組み込まれており、スクリーニングの人的ミスを減らし、詐欺を識別します。 プロセスでは、社会保障、運転免許証、銀行口座番号などの機密情報を交換する必要があります。
また、雇用者と監査人は雇用日と候補者の資格情報を確認することができ、従業員が職場を評価するために、ShiftPixyはそれらの評価を改ざんするリスクを伴わずにペアを組んでいます。
将来的には、ShiftPixyは、リリースに応じて、ブロックチェーン技術を労働者の支払いと連絡先に使用できると予測しています。

オンラインメディアのビジネスモデルの実験

ウェブコンテンツは無料で読むのが普通である、という読者に購読料を支払ってもらうのは非常にチャレンジングです。よってオンラインメディアはますます財政的に厳しくなっているのです。

Fast Companyレポートによると、新しいEthereumブロックチェーンベースのメディアサイトHmm Dailyが4月にローンチされる予定です。 その創作者トム・スコッカは以前はGawkerとThe Awlのために働いていましたが現在は存在しません。Civil社のWebサイトによると「持続可能なジャーナリズムのためのマーケットプレイス」のためCivilというバックエンドが利用されるとのことです。
Civilはドキュメントアクセスのために読者に暗号トークンを発行します。ブロックチェーン技術によって記録されたコンテンツでは、誰でもそれを削除または編集しようとすると、永続的な記録が残るでしょう。

ロイヤリティポイントで顧客に報酬を

Loyyalは、IBMと提携してブロックチェーン技術を通じて顧客の報酬プログラムを合理化するスタートアップ企業です。 Loyyalが解決しようとしている問題の1つは、ロイヤルティプログラムの普遍性が欠如していることです。2015年の調査によると、平均的な米国の家庭が29のロイヤリティプログラムに参加していました。また、ロイヤルティプログラムを経験したことがある人は、ポイントを交換したり交換したりするのが混乱し、困難なことを知っています。

銀行から旅行会社、小売業者に至るまで、ブロックチェーン技術は、発行者がロイヤリティポイントを正確に追跡するのに役立つ可能性があります。また、プログラムの範囲を1つの「ウォレット」に集中化または普遍化する可能性もあります。

先日パンの春のキャンペーンに応募しようと思ったら、切り取ってハガキで送れって言われたんじゃん。問題外の外なんじゃん。

個人の身元を証明する

「デジタルIDは、あらゆる資産のあらゆるオンライン取引に割り当てることができる電子透かしとして機能するように作成できます」と、fintechの情報ハブであるMediciのElena Mesropyanはこう書いています。
IBMのブロックチェーン部門は、いずれかの機関(例えば、Equifax)に違反して情報が侵害されるのを防ぐためにアイデンティティ情報の交換に対する信頼を確立しています 。
スタートアップシビックでは、「セキュアアイデンティティプラットフォーム」を構築して、ユーザー名、パスワード、サードパーティの認証者、または物理的なハードウェアトークンなしで、さまざまなアプリやウェブサイトにアクセスするマルチファクタ認証を可能にしています。

とにかく全てのサイトで一つの安全な方法でログインしたいんじゃん。サイトごとのパスワードなんて覚えてられない。

偽造防止

あなたのハンドバッグや高価なスニーカーが本物であるかを、確認したいですか? Chronicledはサプライチェーン管理のためのブロックチェーンベースの技術の1つで、そのアプリケーションの1つは物理的な贅沢品を認証しています。
製品に永続的に埋め込まれた、暗号化されたスマートタグを介して、単一の製品ラインで生成されたすべてのアイテムを追跡するレジストリを想像してみてください。 ブロックチェーンシステムなので、製品の所有者すべてを追跡しながら、その所有者のプライバシーと個人情報を維持します。 スマートフォンアプリで商品をスキャンすることで、潜在的な顧客は商品が本物か偽かを確認することができます。

ちょっと翻訳しすぎて著作権に問題ありそうなので、次回から要点のみ翻訳に徹底するんじゃん。それにしても最初の「性的同意を記録する」があまりにも強烈すぎて、若干出オチのような記事でした。ここに記載したのは要点のみなので、興味ある方は原文https://www.entrepreneur.com/slideshow/308004をどうぞ。

ブログ構築お任せください!
・この記事のようなブログを作成したい
・TechPRESSのようなブログを作成したい
・無料ブログではなく自分のドメインでブログを構築したい
・ブログだけでなく、特殊な機能を設置したい
・Wordpressで構築したいけど時間がない
・サーバーの運用もお任せしたい

そんなあなたにTechPRESSのブログ構築サービスは如何ですか?
簡単なブログ設置であれば最短1日で独自ドメイン+SSL+ブログをご用意します。

料金はミニマム設定で25,000円から(ドメイン代は実費を頂きます)

info@techpress.jpまでお気軽にお問い合わせください
ぱっと読むまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA